会社紹介

  • 会社紹介
  • 利用約款
  • 予約手順
  • アクセス

利用約款

韓国語の約款を日本語に翻訳したものです。
第1章 総則

第1条 目的
この約款は情報通信網利用促進等に関する法律等関連法令により、(株)世一旅行社が提供するインターネット旅行情報サービス(以下"サービス"とする)の利用条件及び、手続きに関する事項を規定する目的とする。

第2条(約款外準則)
この約款に明示されていない事項が関係法令に規定されている場合には、その規定に従う。

第3条(約款の効力及び変更)
①この約款は利用者が会員に加入すると同時に効力が発生する。
② 会社は必要だと認定される場合、この約款を改定することができ、変更事項は会社が提供するサービスを通して公示する。

第4条(用語の定義)この約款で使用する用語の定義は以下のようになる。
① 利用者:会社とサービス利用契約を締結して利用番号を付与された個人または法人(旅行社含む)
② 利用者番号(ID):利用者識別と利用者のサービス利用のためにサービス契約締結時、利用者の選択により会社が付与
する利用者の英語または英語と数字の調合("_"、"-"含む)
③ 秘密番号:付与された利用者番号と一致された利用者だということを確認し、利用者自身の秘密番号のために利用者自身が選定した
英語または英語と数字の調合
第2章 会員加入とサービス利用に関する条項

第1条 利用契約の成立
① 利用契約は利用者の利用申請に対する会社の利用承諾と利用者の約款内容に対する同意で成立される。
② 会員に加入しサービスを利用しようとする希望者は会社で要請する個人情報を提供しなければならない。
③ 会社が利用申請を承諾する時には、次の各事項を利用者に通知する。
1. 利用者ID.
2. サービス利用開始日
3. その他会社が必要だと認定する事項
④ 会社は次の各事項に該当する利用契約申請に対してこれを承諾しない。
1. 他の人の名義を使用し申請した時
2. 利用契約申請書の内容で虚偽で記載したり、虚偽書類を添付し申請した時
3. 社会の安寧秩序または美風良俗を阻害する目的で申請した時

第3章 サービス利用及び個人情報保護に関する条項

第1条 サービス利用
① サービス提供は会社の利用承諾日から開始され、会社の業務上または技術上特別な場合を除外しては、年中無休1日24
時間(00:00~24:00)を原則とする。
② 第1項の利用時間は定期点検等の必要により会社が決めた日または時間はそうではない。
③ 会員に加入した後でも一部のサービス利用時、広告主の要求に従い、利用者の年齢によるサービス利用を制限することができる。
④ 利用者番号及び秘密番号の管理及び利用は利用者の責任とする。
⑤ 会社は利用者IDにより、顧客口座入金等、諸般利用者管理業務を遂行することにより利用者が利用者IDを変更しようとする場合、
変更する明白な理由がない限り、変更は制限する。 ⑥ 利用者に通報された利用者ID及び秘密番号により発生される使用上の過失または第3者による不正使用等に対する全て の責任は利用者にある。
ただ、会社の故意または重過失がある場合にはそうではない。

第2条 サービス利用申請
① サービスを利用しようとする者は次の事項を会社がオンラインで提供する加入申請様式に正確で、事実と違いなく、記録しなければならない。
1. 会員ID(ID)
2. 秘密番号(パスワード)
3. 名前(実名)
4. 住民登録番号
5. E-MAILアドレス
6. 電話番号
7. 住所
② 利用申請者が会員として登録するためには、この約款の内容とこの約款が利用契約の一部になることに同意しなければならない。

第3条 サービス利用申請の承諾
①会社は利用申請者が第3章2条で決めた全ての事項を正確に記載してこの約款の内容に同意し、利用申請した時には、サービスの利用を承諾することを原則とする。利用申請の処理は申請手続きによる。
②会社は次のような理由が発生した場合、利用申請に対する承諾を拒否する。
1. 満13歳未満の者が利用申請をする場合
2. 名前及び住民登録番号が一致しない場合
3. 既に加入された会 員の名前及び住民登録番号と同一の場合
4. その他違法な利用申請であることが確認された場合

第4条 個人情報の変更、保護
① 利用申請者または会員は、利用申請時、記載した事項が変更された場合には、即時、運営者を通して、関連事項を修正しなければならない。
ただ、会員ID(ID)、住民登録番号及び姓名の修正はすることができない。
② 前項の場合、修正しない情報による各種損害は当該会員が負担し、会社はこれに対して、どのような責任も負わない。
③ 会社は会員の個人情報保護のため、管理者を最低限に限定し、会社の故意、または過失により、信用カード、銀行口座等を
含む会員の個人情報の紛失、盗難、流出、変造等で引き起こされた会員の損害に対しては全ての責任を負担する。
④ 会社または会社から個人情報を提供された第3者は、個人情報の収集目的や提供された目的を達成した時には当該個人情報を 直ちに破棄する。

第5条 サービス利用契約の終了
① 利用契約は会員または会社の解約により、即時終了する。
② 会員の解約
1. 会員はいつでも会社に解約意思を通知することにより利用契約を解約することができる。
2. 会員はE-MAIL(勧奨)、電話、ファックス、その他の方法を通して、解約意思を通知することができる。この場合、会員は同一性証明のため、
必ず、会員ID(ID)と住民登録番号を明らかにしなければならない。
3. 会員が利用契約を解約した場合、利用契約は解約意思が会社に到達した時に終了される。
4. 会員の意思で解約をした場合には再利用意志が会社に通知された即時サービス再利用が可能である。
③ 会社の解約
会社は次のような理由が発生したり確認された場合、利用契約を解約することができる。この場合、会社は会員にE-MAIL,電話
その他の方法を通して、解約理由を明らかにし、解約意思を通知する。ただ、この場合、会社は会員に解約通知を発送する前に
解約理由に対する意見陳述の機会を付与する。利用契約は会社の解約意思を会員に通知した時点で終了される。会社の判断で
利用契約が解約された場合には、会員が再利用申請をしたとしても再利用可否は約款第3章3条により決定される。
1. 会社の同意なしに旅行関連物品を販売登録したり、その他、公共秩序及び美風良俗に違反される物品取引行為をしたり試みた場合
2. 会社や他の会員その他他人の権利や名誉、信用その他正当な利益を侵害する行為をした場合
3. 会社が提供する旅行サービスの円滑な進行を妨害する行為をしたり試みた場合
④. 会社は利用契約の終了による損害または損失に対する一切の責任を負わない。

第4章 責任に関する条項
第1条 会社の義務
① 会社は特別な事情がない限り、利用者が申請したサービス提供開始日にサービスを利用できるようにする。
② 会社はこの約款で決まったことに従い、継続的、安定的にサービスを提供する義務がある。
③ 会社は利用者の個人情報を本人の承諾なしに他人に漏洩、配布してはいけない。
ただ、関係法令の規定により、国家機関の要求がある場合や捜査上の目的で令状の提示がある場合にはそうではない。
④ 会社は利用者から提起される意見や不満が正当だと認定される場合には、即時、処理しなければならない。ただ、即時処理が
困難な場合には、利用者にその理由と処理日程を通報しなければならない。

第5章 その他条項

第1条(譲渡等の禁止)
利用者がサービスを受ける権利は、譲渡したり、贈与することができなく、質権の目的で使用することができない。
第2条(著作権)
サービスに記載された資料に対する権利は次のようになります。
① サービス内に掲示したり、登録した資料の知的財産権は会社にある。
② 利用者はサービスを利用し、得た情報を加工、販売する行為等サービスに掲載された資料を商業的目的で利用することができない。
第3条(免責条項)
① 会社は天災地変その他不可抗力的な理由によりサービスを提供することができない場合には、サービス提供中止に対する責任を免じる。
② 会社は利用者の帰責理由によるサービス利用の障害に対し責任を負わない。 ③ 会社は利用者がサービスを利用し、得た情報等により被った損害等に対しては責任を負わない。
第4条(管轄裁判所)
サービス利用料金等サービス利用上発生した紛争に対してはソウル地方裁判所専属管轄とする。
第5条(規定の遵用)
この約款に明示されていない事項に対しては情報通信作業法等関係法令とインターネットサービス業社の利用約款による